後遺障害の損害賠償

 後遺障害とは,一般的には,これ以上治療を続けても症状の改善が望めない状態になったときに残存する傷害のことを言います。また,このように改善が望めない状態になったことを,「症状固定」と呼びます。

 後遺障害の損害賠償においては,以下に述べる「等級認定」に応じて,逸失利益,後遺障害慰謝料等の損害を加算して計算していくことになります。

新着情報・解決事例をご覧ください