後遺障害診断書について

 後遺障害の等級認定は,後遺障害診断書に基づいて行われます。この診断書は,症状固定の判断をする医師に必要事項を記入してもらいます。なお,書式が決められており,それ以外の書式を用いることは原則できません。

 医師にも,この診断書記入の慣れ・不慣れなどがあり,医師によって書いてくれる内容が相当違っていることもあります。
 また,被害者としても,この診断書に必要事項をしっかりと書いてもらう必要がありますので,治療毎に自覚症状をしっかり医師に伝えて記録をとってもらったり,必要なテストの実施や客観的記録の保全をしてもらったりしてもらう必要があります。

新着情報・解決事例をご覧ください