賠償金計算における3つの基準

 交通事故の賠償金を計算する際には、自賠責基準,任意保険基準,裁判基準という3つの基準があります。

 自賠責基準とは,加入が強制されている自賠責保険の支払基準であり,法律上必ず保障されるべき賠償範囲を定めたものですので、いわば最低基準であると言えます。

 一方、任意保険基準とは,保険会社各社の任意保険によって、自賠責保険に上乗せをする形で作られた支払基準です。簡単にいえば,自賠責基準と裁判基準の間をとった金額になっています。

 昔は,保険会社共通の基準がありましたが,独占禁止法上の問題が指摘され,現在は各保険会社が独自に決定しています。自賠責保険よりは高い基準になりますが,保険会社としては、なるべく支払いの範囲を自賠責の範囲にとどめ、それ以上の保険金は支払いたくないと考えていますから,示談金額の提示は低く抑えられる場合があります(自賠責基準以下になることは原則ありません)。

 最後に,裁判基準とは、過去の裁判例の蓄積などから導かれた基準を指します。
 法的に適正な金額を表す基準であり、上記3つの基準の中では最も高い水準となります。自賠責基準と裁判基準とでは,賠償額が倍以上も違ってくることがあります。

新着情報・解決事例をご覧ください