弁護士に相談するタイミング

 交通事故に遭遇したあと、どの段階で弁護士に相談すべきでしょうか。
 結論としては、「早ければ早い方が良い」と言うことができます。

 よくある例としては、通院の段階の対応が適切に行われていなかったために、本来であれば認められるはずの入通院慰謝料が認められなかったり,後遺傷害の認定がされなかったりする場合があります。

 これらのことは,交通事故にあった後なるべく早く弁護士に相談することで適切な対応ができ,その結果として然るべき慰謝料や後遺障害認定が認められる可能性が低くありません。

新着情報・解決事例をご覧ください